So-net無料ブログ作成

恩師との再会と、超絶にへこむミスプリ [雑談]

こんばんは。
28日に行われた「ファゴット吹きカスパル」、やっと残っていた業務も終え、静かに日常に戻ってきました。
まだ事務所は散らかり放題ですが...。


今回、5歳の時から師事しているピアノの先生とお会いできるということで、少々ウキウキして開演前を迎えていました。
直近になって、来ていただけると言われていたわけではなく、年賀状に「今年は絶対行きますよ」と書いてくださっていただけなのですが...。

なんとなく、今日はお会いできる気がしてたのです。

リハーサルを終え、軽くおにぎりを食べて、受付業務が問題ないか偵察にいくと、私の両親と談笑されている先生がいらっしゃったのです。

何年ぶりになるでしょうか。
久々にお会いした先生はもう80歳になられたとのことですが、お元気そうでもっとお若く見えました。
一緒に写真を撮っていただき、気合いを入れ直して開演に臨むことができました。

話は変わりますが、後日...。
余ったプログラムを見直してみると、いろんなミスプリが見つかってしまいました。

「わかりやすいですのですが...」!?
俺の文がわかりにくいわ(;。;)

「しまします」
しまいます、だよね...!?

ま、この辺は「ああタイプミスしたのね」で済まされる(済まされない)カワイイミスだとは思うのですが、今(本当にたった今)になって、もっと致命的なエラーを...。

敬遠サヨナラ暴投なみの破壊力。
(アイケルバーガーなつかしい)

自分のプロフィールをミスプリしてしまいました。

正しくは、
「5歳よりピアノを、15歳よりファゴットを始める。」
が、
「15歳よりピアノを始める」
と。
おいおい、省略しすぎ。
先ほどお会いした恩師に5歳から習っていたのは何だったのだ...。
先生、ごめんなさい.........。

結構、へこんでおります。
プログラム、作り直して演奏もやり直したい...。

...とまではいきませんが...。
何でこんなことになったのだろう...。
確認作業は複数人で。何回も。
原稿の入稿は早めに。
印刷も早めに。
製本も早めに。当日、受付スタッフに製本させちゃ、ダメです。
(でも、今年のスタッフの製本は本当に綺麗だったので、今後も頼みたいかな)

明日から6月。
気を入れ直して、邁進してまいります...。

KASPAR, der Fagottist Op.654


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。